カテゴリ: ソニー2018

2018年に2GB RAMを搭載した最新のSony携帯電話7台

2018年に2GB RAMを搭載した最新のSony携帯電話7台

新しいスマートフォンを購入するときによく考慮される重要なコンポーネントの1つは、そのRAM容量です。これは確かにパフォーマンスと密接に関連しています。大容量のRAMは、特にマルチタスクを実行する場合に、スマートフォンのパフォーマンスを向上させます。スマートフォンの最適なパフォーマンスを保証する標準のRAM容量はありません。ただし、2GBのRAM容量は現在、スマートフォンの最小標準と見なされています。さて、今回は2GBのRAMを搭載したソニーの最新の10台の携帯電話をレビューします。それらは何ですか?2GBのRAMを搭載した7つの最新のソニーの電話1.ソニーXperia L1画面: 5.0インチIPS LCD画面解像度: 720 x 1280ピクセルチップセット: Mediatek MT6737TCPU:クアッドコア1.45 GHz Cortex-A53GPU: Mali-T720MP2内部メモリ: 16GB、2GB RAM外部メモリ: microSD、最大256 GB背面カメラ: 13 MP、f / 2.2、オートフォーカス、LEDフラッシュフロントカメラ: 5 MP、f / 2.2、24 mm、1080pバッテリー:  取り外し不可のLi-Po 2620 mAhSony Xperia L1には2GB RAMが付属しています。RAMだけでなく、そのサムライで有名なこの携帯電話
2018年に300万ドルの価格のベスト10ソニー携帯電話

2018年に300万ドルの価格のベスト10ソニー携帯電話

近いうちに古い携帯電話を交換する予定ですか?300万の価格でソニーの携帯電話、おそらくあなたが検討できます。この価格帯では、すでにかなり良い仕様のソニーの携帯電話を入手できます。また、防水認証を取得しているものもあります。それはインドネシアでその携帯電話を公式にリリースしていませんが、あなたはまだオンラインストアでこれらのソニーの電話を簡単に手に入れることができます。300万台に相当するソニーの携帯電話に興味がありますか?ここに完全なレビューがあります。最高のソニーモバイル価格300万1.ソニーXperia XAデュアルリリース:  2016年6月画面: 5.0インチIPS LCD画面解像度: 720 x 1280ピクセルチップセット: Mediatek MT6755 Helio P10CPU: Octa-core(4×2.0 GHz Cortex-A53&4×1.0 GHz Cortex-A53)GPU: Mali-T860MP2内部メモリ: 16GB、2GB RAM外部メモリ: microSD、最大256 GB背面カメラ: 13 MP、f / 2.0、位相検出オートフォーカス、LEDフラッシュフロントカメラ: 8 MP、f / 2.0、1 / 4インチセンサーサイズ、オートフォーカス、1080p、HDRバッテリー:  取り外し不可Li-Po 2300 mAhXp
2018年に最新の指紋センサーを搭載したソニーの電話10台

2018年に最新の指紋センサーを搭載したソニーの電話10台

指紋センサーまたは指紋は、今日のスマートフォンの必須機能になりつつあるようです。はい、これらの機能は、スマートフォンのセキュリティを無知の手から守るために特に非常に役立ちます。さらに、指紋センサーはスマートフォンの重要なデータを保護するためにも非常に重要です。さて、今回は指紋センサーを搭載したソニーの最新の10台の携帯電話をレビューします。ご存知のように、ソニーは指紋センサーの配置が非常にユニークなメーカーの1つです。携帯電話が何であるかについて知りたいですか?ここに完全なレビューがあります。最新の指紋センサーを搭載した10台のSony電話1.ソニーXperia XA2 Ultraリリース: 2018年2月画面: IPS LCD 6.0インチ画面解像度: 1080 x 1920ピクセルチップセット: Qualcomm Snapdragon 630CPU:オクタコアCortex-A53GPU:  Adreno 508内部メモリ: 32/64 GB、4 GB RAM外部メモリ: microSD、最大256 GB背面カメラ: 23 MP(f / 2.0、24mm、1 / 2.3″)、位相検出オートフォーカス、LEDフラッシュ、フロントカメラ: 16 MP(f / 2.0、23mm、1 / 2.6″、OIS、AF)+ 8 MP(f / 2.4、1/4″)バッテリー:  取り
2018年に20 MPカメラを搭載した最新のSonyスマートフォン10台

2018年に20 MPカメラを搭載した最新のSonyスマートフォン10台

ソニーは、高解像度カメラを搭載したスマートフォンをリリースすることが多いスマートフォンメーカーの1つです。数年前でさえ、他のメーカーがまだ13MPの解像度で苦労していたとき、ソニーは敢えてXperia Z1フラッグシップスマートフォンを20MPの解像度でリリースしました。それ以降、すべてのソニーのフラッグシップフォンには、20MP以上の解像度が搭載されている必要があります。現在でも、中産階級の携帯電話のカメラはこの解像度を採用し始めています。さて、あなたがそれを探している人のために、以下は20MP以上のカメラを搭載している最新のソニー携帯電話のリストをレビューします。最新の20 MPカメラを搭載した10台のSony電話1.ソニーXperia XA2 Ultraリリース: 2018年2月画面: IPS LCD 6.0インチ画面解像度: 1080 x 1920ピクセルチップセット: Qualcomm Snapdragon 630CPU:オクタコアCortex-A53GPU:  Adreno 508内部メモリ: 32/64 GB、4 GB RAM外部メモリ: microSD、最大256 GB背面カメラ: 23 MP(f / 2.0、24mm、1 / 2.3″)、位相検出オートフォーカス、LEDフラッシュ、フロントカメラ: 16 MP(f / 2.0、23mm、1 / 2.6″、OI
2018年のベスト100万未満のソニーモバイル

2018年のベスト100万未満のソニーモバイル

これまでのところ、ソニーはプレミアムクラスの携帯電話を製造するのが好きです。一部の人々は、ソニーの携帯電話は常に高価な価格で販売されていると思います。ただし、ソニーには200万円未満の安価な携帯電話のコレクションが豊富であり、認定された仕様があることをご存知ですか?さて、今回は200万以下の価格で販売されているソニーの最高の10の携帯電話を確認します。ソニーのさまざまな携帯電話も、かなり良い仕様を提供し、あなたは知っています。奇妙な?さあ、すぐに次のリストを確認してください。ソニーの携帯電話10台、「ベストミリオンズ2」1.ソニーXperia Miroリリース:  2012年9月画面:  3.5インチTFT画面解像度:  320 x 480ピクセルチップセット: Qualcomm MSM7225A Snapdragon S1CPU: 800 MHz Cortex-A5GPU: Adreno 200内部メモリ: 4GB(2.2GBユーザーが利用可能)、512MB RAM外部メモリ: microSD、最大32 GB(専用)背面カメラ: 5 MP、オートフォーカス、LEDフラッシュフロントカメラ: VGAバッテリー:取り外し可能なリチウムイオン1500 mAhCaris Signalの最高バージョンである200万台未満のソニーの電話のリストから始めて、Sony