カテゴリ: 最も安いHP

推奨フルスクリーン電話トップ10(2020年7月)

推奨フルスクリーン電話トップ10(2020年7月)

スマートフォン技術は、さまざまな新しい革新を生み出すために開発され続けています。例としては、デュアルカメラ以上のHPトレンド、または画面に指紋センサーを搭載したHPトレンドがあります。フルスクリーンまたは人気のあるHPのFull View Displayと呼ばれる傾向もあります。全画面サイズのHPでは、18:9、18.5:9、19:9のように16:9を超える比率があり、21:9のようなさらに長いものもあります。市場で最も人気のあるのは、18:9の画面比率の携帯電話で、Univisiumディスプレイテクノロジーを指します。フルスクリーン電話は通常、ハイエンド携帯電話で使用されます。ただし、現在、低級の携帯電話も導入されています。あなたが最高のフルスクリーン携帯電話を探しているなら、以下はあなたの選択に値する10の製品について議論します。1. Xiaomi Mix Mix Alphaリリース: 2020年第2四半期画面:フレキシ
最も安価な高速充電をサポートする1​​0台の携帯電話(2020年7月)

最も安価な高速充電をサポートする1​​0台の携帯電話(2020年7月)

最近のスマートフォンの問題は集中的な使用であり、スマートフォンのバッテリー寿命は一般的に平凡です。これを克服するために、メーカーはHPに大容量バッテリーを提供します。問題が解決されないだけです。大容量バッテリーの提供には2つの効果があります。まず、HP本体が大きくなりすぎます。第二に、内部のコンポーネントが適切に設計されていないと、大容量のバッテリーが携帯電話に悪影響を及ぼす可能性があります。したがって、生産者はもはや大容量に焦点を当てていません。解決策は、高速充電機能を提供することです。急速充電機能により、人々は携帯電話を再び使用するために長く待つ必要がなくなりました。この急速充電機能テクノロジーは、さまざまな携帯電話にも採用されています。一般的にそれは上流の中間層にあります。特に超高速。ただし、急速充電、つまり急速充電を提供する安価な携帯電話もあります  。 それらは何ですか?以下のリストをチェックしてください。では、市場に出ているHP SPCとは何でしょうか?もう長引くことなく、最新のHP SPCのリストについての以下の説明のうち、そのうちの1つである可能性のあるものを選択します。1. Redmi 8Aリリース: 2019年9月画面:  IPS LCD 6.2インチ、95.9 cm2(〜81.3%画面対本体の比率)チップセット: Qualcomm S
10安くて速いHPゲーム(2020年7月)

10安くて速いHPゲーム(2020年7月)

今では、ゲームはPCやコンソールだけではありません。スマートフォンまたはスマートフォンでゲームをプレイすることもできます。また、スマートフォンで遊べる面白いゲームもたくさん。携帯電話メーカーも、特別なモバイルゲームを紹介することでこれに対応しています。問題は、市場に出回っているゲーミングHPの価格が比較的高いことです。価格の範囲はRp。5からRp。1000万です。もちろん、ゲームをプレイするためだけに誰もがその範囲の資金を持っているわけではありません。実際、スマートフォンでゲームをプレイするためにHP ゲームを使用する必要はありません。安くてもスペックがいい電話ならゲームも楽しめます。それらの10はRp。400万以下の価格でゲームをプレイするのに適した以下の携帯電話です。1.ポコフォンF1リリース:  2018年8月画面:  6.18インチIPS LCD、1080 x 2246ピクセルチップセット:  Snapdragon 845(10 nm)GPU:  Adreno 630RAM:4 GBおよび6 GB内部メモリ: 64 GBおよび128 GB外部メモリ:  microSDXC(共有SIMスロットを使用)背面カメラ:  12 MP + 5 MPフロントカメラ:  20 MPバッテリー:  取り外し不可Li
さまざまなブランドのHPフラッグシップに関する10の推奨事項

さまざまなブランドのHPフラッグシップに関する10の推奨事項

私たちの多くは「フラグシップ」という用語をよく知っていますが、すべてがその意味を理解しているわけではありません。フラッグシップとは何ですか?Merriam-Webster辞書によれば、フラグシップとは、製品、店舗などのグループの中で最高、最大、または最も重要なものを意味します。要するに、旗艦は優れていると解釈することができます。携帯電話の世界では、HPフラッグシップという言葉も知っています。これは、特定のメーカーがこれまでに製造した中で最高の携帯電話製品です。目標は、会社がフラッグシップ電話で結果(収益分配)の主要な収益とブランド価値(ブランド価値)を推進するフラッグシップ電話です。フラッグシップフォンは一般に、高価な価格、高品質、プレミアムと非常に同義です。それでも、同社は通常、主力の携帯電話シリーズの最下位モデルを提供しているため、より多くの潜在的な購入者にリーチできます。まあ、これの下でさまざまな世界のブランドから10の最も安い旗艦HPをお勧めします。1. Apple iPhone 11リリース: 2019年9月画面: 6.1インチLCD IPS Liquid Retina、828 x 1792ピクセルチップセット: Apple A13 Bionic(7 nm +)GPU: Apple GPU(4コアグラフィックス)RAM: 4GB内部メモリ: 64/128/256 GB外部メモ
10の最も安価な大画面ワイド携帯電話(2020年7月)

10の最も安価な大画面ワイド携帯電話(2020年7月)

現在の傾向は、人々は高速性能の携帯電話、最高のカメラを備えた携帯電話、または長いバッテリー寿命の携帯電話を探しているだけではないということです。人々はまた、ワイドスクリーンを提供する携帯電話を探し始めています。このため、HPのトレンドには6〜7インチのワイドスクリーンが搭載されています。ごくまれに、新しいHPに5インチの範囲の画面が付属しています。現在、多くの人がYoutubeやNetflixでのストリーミングなどのビデオコンテンツを楽しんでいるため、ワイドスクリーンの必要性が生じる可能性があります。携帯電話は、現在、一般的に6.5インチ以上の広大な画面です。そして、このタイプの携帯電話は現在、さまざまな価格帯で存在しています。さて、この機会に、6.5インチ以上の画面を持つ携帯電話10台のリストを一番安いものからあげます。こちらがリストです。1. Infinix Smart 4リリース:  2019年11月画面:  6.6インチIPS LCD、105.2 cm2(画面と本体の比率が82.9%未満)チップセット: Mediatek MT6761 Helio A22(12 nm)CPU:クアッドコア2.0 GHz Cortex-A53GPU:  PowerVR GE8320RAM:1GB RAM内部メモリ: 16GB ROM外部メモリ:  micro