Androidバッテリーを節約するための15の簡単なヒント

Androidデバイスは電力消費量が多いことで有名であり、バッテリー消費量がかなり無駄になります。したがって、今回はAndroidバッテリーを節約するためのいくつかの簡単なヒントを確認しますので、常にバッテリーを充電する必要はありません。Android PITから引用した手順は次のとおりです。

Androidバッテリーを節約するための15の簡単なヒント

1.すべての機会に請求する

今日のほとんどすべてのAndroidスマートフォンは、メモリシステムを持たないリチウムイオンバッテリーとリチウムポリマーバッテリーを使用しています。つまり、バッテリーを完全に充電したり、空のままにしたりする必要はありません。そうすれば、いつでもどこでも少しでも補充できるので、すぐに電力が不足することはありません。

2.黒の背景を使用する

AMOLEDタイプの画面を備えたデバイスがある場合は、暗い背景または黒い背景を使用します。色が濃いほど、消費電力は少なくなります。このAMOLED画面は通常、Samsungデバイスで使用されます。詳細については、この記事をお読みください。

3.自動明るさを使用しない

自動輝度を使用するのは楽しいです。私たちの画面は、あらゆる場所で自動的に輝度を調整するからです。ただし、端末の画面が必要以上に明るくなることがあります。

したがって、輝度レベルを手動で調整することをお勧めします。画面はバッテリーを最も消費するコンポーネントであるため、これはバッテリーの消費に大きな影響を与えます。

4.バイブレーションをオフにする

Androidバッテリーを節約する

本当に必要ない場合は、バイブレーション機能をオフにすることをお勧めします。スマートフォンの振動は着信音の音よりも多くの電力を必要とするためです。また、触覚フィードバックをオフにして、バッテリーの節約をさらに最適化します。

5.オリジナルのバッテリーを使用する

バッテリー節約Androidバッテリー

バッテリーが損傷している場合は、元のバッテリーまたは信頼できるブランドのバッテリーと交換してください。元のバッテリーを購入するためにより多くのお金を使うことは、いつでもお気に入りのスマートフォンを損傷する可能性があるKWバッテリーを購入することよりもはるかに優れています。

6.画面のタイムアウトを減らす

使用していないときの画面タイムアウトまたは画面自動シャットダウン時間を短縮します。現在1分に設定している場合は、30秒または15秒に減らします。また、使用しないときは画面を直接オフにすることを習慣にしてください。

7.インターネットをオフにして機内モードを設定する

仕事中や忙しい場合は、インターネットとWi-Fi接続をオフにすることをお勧めします。仕事の邪魔にならないだけでなく、これによりバッテリーの使用量も大幅に節約されます。現在、Playストアにはこれらの機能を提供する多くのアプリケーションがあります。

一部のメーカーは、ソニーにSTAMINAモード機能を搭載するなど、これらの機能をデバイスに装備しているメーカーも多数あります。また、夜間就寝時に機内モード機能を有効にすると、バッテリーを最大限に節約できます。

8.未使用の機能をオフにする

GPS、Bluetooth、NFCなどの一般的な機能や、エアジェスチャーやスマートスクロールなどの特別な機能は、かなりのバッテリー電力を消費します。使用しない場合は、これらの機能をオフにしてください。

9. Wi-Fi接続を設定する

Wi-Fi接続を介してインターネットに接続している場合は、モバイルデータ経由の接続をオフにします。また、Androidの電源をオンにするたびに再接続する必要がある場合に比べて消費電力が少ないため、デバイスのWi-Fi設定を[常にスリープ中はオン]に変更します。

10. Lockscreenウィジェットを使用する

Androidデバイスがロック画面ウィジェット機能をすでにサポートしている場合は、その機能を使用してください。この機能を使用すると、最初にデバイスのロックを解除する必要なく、ロック画面から直接アプリケーションにアクセスできます。

画面をオンにし続けますが、最初に開くよりもはるかに短い時間で済みます。スマートフォンまたはタブレットがAMOLED画面を使用している場合は、黒または暗いロック画面の背景を使用します。

11.不要なウィジェットを削除する

不要なさまざまなウィジェット、特にFacebook、Twitter、天気ウィジェットなど、インターネットに接続されているウィジェットを削除します。

12.アプリケーションの更新

最適なパフォーマンスを得るには、常にアプリケーションを定期的に更新してください。開発者は通常、バッテリーとメモリの使用を最適化するためのアップデートを提供しています。さらに、使用されていないアプリケーションを削除して、バックグラウンドで実行されないようにし、メモリとバッテリーの割り当てを消費しないようにします。

13. Googleアカウントの自動同期をオフにする

Android自動同期バッテリーを節約する

すべてのAndroidデバイスには、Googleアプリケーションが満載です。しかしもちろん、これらすべてのアプリケーションが必要なわけではありません。したがって、バッテリーの消耗を防ぐために、不要なアプリケーションの同期オプションをオフにしてください。

14.自動同期アプリケーションをオフにする

Googleアプリケーションに加えて、一部のアプリケーションは通常、自動的に同期してコンテンツを更新します。通常、これを行うアプリケーションには、Twitterクライアントアプリケーション、Facebookなどがあります。

したがって、これらのアプリケーションの自動同期機能をオフにして、バッテリーの消費量を減らすことができます。アプリケーションを開くときに、アプリケーションのコンテンツを手動で同期するだけで十分です。

15. Auto Update Playストアをオフにする

上記のように、アプリケーションを更新することは、最適なパフォーマンスを維持するために非常に重要です。ただし、このアプリケーションは手動でのみ更新し、自動更新を行うように設定しないでください。これは、バッテリーの残量が少ないときにPlayストアが更新されないようにするためです。

これらは、Androidバッテリーを節約するためのいくつかの簡単なヒントです。これらのヒントの一部は、iOSまたはWindows Phoneデバイスにも実装できます。ここで、Androidバッテリーに関する間違った神話を読むことを忘れないでください。