さまざまなブラウザでJavaScriptを有効にする方法

Javascriptは非常に重要なコンピュータープログラミング言語です。JavaScriptは通常、ポップアップメッセージなどの動的コンテンツを表示するためにWebブラウザで使用されます。ほとんどすべてのWebページにJavaScriptコンテンツが含まれています。

通常、すべてのWebブラウザーアプリケーションでは、Javascriptがデフォルトで有効になっています。しかし、何らかの理由でJavascriptが停止していることがよくあるため、手動で再度アクティブ化する必要があります。さて、以下では、さまざまなブラウザでJavaScriptを有効にするさまざまな方法を確認します。

インターネットエクスプローラ

  1. 画面右上の歯車アイコンをクリックします。
  2. ドロップダウンメニューから[インターネットオプション]を選択します。
  3. 上部の[セキュリティ]タブを選択します。
  4. 地球の画像が表示されたインターネットアイコンを選択します。
  5. [このゾーンのセキュリティレベル]セクションの下にある[カスタムレベル]ボタンを選択します。
  6. [スクリプト]カテゴリを探し、[アクティブスクリプト]セクションで[有効]オプションを選択します。
  7. [OK]をクリックし、[はい]を選択して確認します。
  8. [OK]をクリックして、[インターネットオプション]ウィンドウを閉じます。
  9. ブラウザを更新します。

Mozilla Firefox

  1. Firefoxで新しいタブまたはウィンドウを開きます。
  2. 新しいアドレスに引用符なしで「about:config」と入力し、Enterキーを押します。
  3. 警告がある場合は、「気を付けて約束します!」を押します。
  4. [設定名]カテゴリで、有効なオプションを探します。
  5. オプションをダブルクリックして、値を「False」から「True」に変更します。
  6. ブラウザを更新します。

JavaScriptを有効にする方法

Safari(Windows)

  1. ドロップダウンが表示されるまで[編集]メニューをクリックし、[設定]オプションを選択します。
  2. 上部の[セキュリティ]タブを選択します。
  3. [JavaScriptを有効にする]オプションをオンにします。
  4. ダイアログボックスを閉じて、ブラウザを更新します。

Safari(Mac)

  1. 画面上部のApple /システムバーからSafariを選択します。
  2. ドロップダウンメニューから[設定]を選択します。
  3. 上部の[セキュリティ]タブを選択します。
  4. Webコンテンツのカテゴリで、[JavaScriptを有効にする]オプションをオンにします。
  5. ダイアログボックスを閉じて、ブラウザを更新します。

Safari(iOS)

  1. iPhone / iPadのホーム画面から[設定]メニューを開きます。
  2. 次にSafariを選択します。
  3. 画面下部の[詳細]オプションを選択します。
  4. Javascriptボタンが緑色になるまでスライドします。

Opera(Windows)

  1. ドロップダウンメニューが表示されるまで[ツール]メニューをクリックし、[設定]を選択します。
  2. 「設定」ウィンドウで、「詳細」タブを選択します。
  3. 左側のメニューで、[コンテンツ]オプションを選択します。
  4. 「JavaScriptを有効にする」オプションをチェックします
  5. [OK]をクリックして、[設定]ウィンドウを閉じます。
  6. ブラウザを更新します。

Opera(Mac)

  1. 画面上部のApple /システムバーからOperaを選択します。
  2. ドロップダウンメニューから[設定]オプションを選択します。
  3. [設定]ウィンドウで[コンテンツ]タブに切り替えます。
  4. [JavaScriptを有効にする]オプションをオンにします。
  5. 「OK」をクリックして、「設定」ウィンドウを閉じます。
  6. ブラウザを更新します。

Google Chrome(Windows)

  1. 画面の右上隅にある3つの水平プレート型のアイコンをクリックします。
  2. 表示されるドロップダウンメニューから[設定]を選択します。
  3. 下部にある[詳細設定を表示]リンクをクリックします。
  4. プライバシーカテゴリの下で、[コンテンツの設定]ボタンをクリックします
  5. JavaScriptカテゴリの下で、[すべてのサイトにJavaScriptの実行を許可する]オプションを選択します
  6. ブラウザを更新します。

Google Chrome(Mac)

  1. 画面上部のApple /システムバーからChromeを選択します。
  2. ドロップダウンメニューで、[設定]を選択します。
  3. 左側の列にある[設定]メニューを選択します。
  4. 一番下までスクロールして、[詳細設定を表示]リンクをクリックします。
  5. プライバシーセクションの「コンテンツ設定」ボタンをクリックしてください。
  6. JavaScriptセクションの[すべてのサイトでJavaScriptの実行を許可する]オプションを選択します。
  7. ブラウザを更新します。

Androidブラウザー

  1. デフォルトのAndroidブラウザーを開きます。
  2. メニューを選択
  3. [その他]、[設定]の順に選択します。
  4. [JavaScriptを有効にする]オプションを選択します。

これが、今日広く使用されているさまざまな人気のあるブラウザでJavascriptを有効にするためのさまざまな方法です。特にAndroidの場合、上記の方法は、Android OS 4.0以下にインストールされているデフォルトのAndroidブラウザーでのみ使用できます。現時点でAndroidが使用しているブラウザはGoogle Chromeだからです。