5コンピュータ画面を回転させる最も簡単な方法

コンピュータの画面表示を自由に切り替えられることを知っている人はあまりいません。これは簡単に行えます。一般に、コンピュータのチュートリアルほど複雑ではありません。しかし、画面を反転する方法を知る前に、まず画面表示を回転させる理由を知る必要がありますか?

コンピュータ画面を返す

コンピュータのオペレーティングシステムで画面をめくる機能には、確かに特定の目的があります。一般的に、これらの目標には次の3つが含まれます。

1.別の視点から写真を見る

顔画像の錯視

時々それを見るのに多くの視点を提供する多くの画像。作成された図面は通常、異なる観点から異なる解釈が生成されるという別の意味を提供することを目的としています。

一例は、写真を回転させた場合、通常の表示では異なる結果になる人々の写真です。通常、このタイプの画像は2つの顔の錯覚です。この視点を見るには、せいぜい画像を180度回転させるだけです。しかし、画面表示を回転させている間、画像を回転させても害はありません。

2.カーソル移動の練習

カーソル移動

画面が回転すると、マウスカーソルの動きが逆になります。画面が揃うと、右に移動するマウスが左に移動するカーソルを生成します。マウスが下に移動し、マウスカーソルが上に移動します。同じことがその逆にも当てはまります。

この異なる方向の目的は、手の動きの感度を訓練することです。誰が知っているか、後で反対方向の動きを必要とするテストがあります。知るか?

3.楽しくて不可能

画面の回転

3番目の理由はいたずらです。確かにここでは、目的のない流行のエイリアスだけで画面を回転させます。舞台裏で後ろを向いた。楽しいことに加えて、画面をめくる理由は、通常Androidフォンで行うように、画面にひびを入れて友達をいじめるためです。

たとえば、友達に腹を立て、ラップトップを借りて、画面表示を元に戻します。あなたの友人がそれを使用するとき、もちろん、彼はスクリーンが逆にされる理由を彼自身混乱させます。そして、まあ彼は間違いなく動揺します。

この方法は間違いなく無知ですが、友達を混乱させて混乱させるだけなので危険ではありません。また、逆の画面表示が表示されて友達が驚いている可能性もあります。友達の画面をめくったら、画面を通常に戻してください。

画面をめくる目的が何であれ、コンピュータの画面をめくる方法は非常に簡単です。これはさまざまな方法で実行できます。さらに苦労せずに、ここにコンピューター画面を反転する最も簡単で最も簡単な方法の5つを示します。

コンピュータ画面を回転させる方法

コンピュータの画面をめくる目的がわかったら、次はコンピュータの画面をめくる方法について説明します。以下の説明をご覧ください。

1.ディスプレイの設定

方位表示

最初の方法は最も簡単な方法で、Windowsオペレーティングシステムのデフォルトの画面設定にあります。たとえばWindows 10では、画面をめくる設定は、ディスプレイ設定セクションにあります。トリックは以下の通りです。

  • メイン画面を右クリックして、[ 表示設定]を選択します
  • 方向セクションを選択します。
  • 4つの選択肢があります。画面をめくるには、「横向き(めくり)」モードを選択します
  • 画面は、次の画像のように180度上下が逆になります。

逆画面

2.キーボードの組み合わせの使用

ALT CTRL SIGN DIRECTION

2番目の方法は、キーボードにある組み合わせを使用することです。図に示すように、画面を反転するには、Ctrl + Alt +矢印(矢印の方向)を押します。方向については以下の通りです。

  • Ctrl + Alt +下方向、画面表示を切り替える組み合わせ。
  • 組み合わせの上でCtrl + Alt +方向を押すと、画面表示が元の位置に戻ります。
  • Ctrl + Alt +左​​方向、画面表示を左に90°回転させる組み合わせ。
  • Ctrl + Alt +右の組み合わせで、画面表示を右に90°反転します。

3. Intel Graphic Optionの使用

この方法は、Intelチップセットを使用するコンピューターまたはラップトップでのみ機能します。一般に、Intelのグラフィックスが組み込まれたIntelプロセッサを使用するラップトップ。この方法も非常に簡単です。

通常、画面を右クリックすると、インテルグラフィックオプションはすでに表示されています。最初の方法に似ています。次に、「グラフィックオプション」を選択します。その後、「回転」を選択します。「180度回転」を選択すると、画面が上下逆になります。

4. Nvidiaコントロールパネルの使用

NVIDIAコンピュータ画面のコントロールパネルを反転させる方法

コンピューターまたはラップトップがNvidiaグラフィックカードを使用している場合は、別の方法を実行できます。方法は簡単です。画面を右クリックして、Nvidiaコントロールパネルに入ります。その後、「ディスプレイの回転」を選択します。後の選択肢は、ポイント番号1の4つの選択肢とまったく同じです。

5. AMD Catalystの使用

AMD触媒

AMDグラフィックスカードを使用している方は、AMD Catalystプログラムを入力して、画面を回転または反転させることができます。最初の名前がAMD Catalyst Control Centerであった場合、AMD Radeon Software Crimson Editionに変更されました。

この方法も、ポイント4で行った方法とほぼ同じです。つまり、画面を右クリックしてAMD Catalystソフトウェアオプションに入ります。その後、「一般的な表示タスク」を選択し、「デスクトップの回転」を選択します。

ポイント4とポイント5でメニューオプションが見つからない場合は、この方法で最初にドライバーを更新する必要があります  。AMD VGAまたはNvidia VGAドライバーを更新する場合、多くの便利な機能があるため、ドライバーの更新は非常に重要です。

ええと、Windowsにはフリップスクリーン機能がありますが、この機能はハードウェアの製造元によって実際に削除または削除できることを理解する必要があります。たとえば、特定の製造元はWindows OSを搭載したラップトップを製造しています。このオペレーティングシステムでは、画面回転機能は製造元によって意図的に無効にされています。

ほとんどのラップトップには通常、この機能がまだあります。ただし、特定の製造元では、特定の種類のラップトップに対して無効にすることができます。したがって、機能がまだあるかどうかに関係なく、Windows OSを搭載したラップトップを確認できます。

以前の5つの方法は、Windowsオペレーティングシステムを搭載したコンピューターにのみ適用されます。Windowsオペレーティングシステムを使用していない場合は、MacOSとChrome OSで画面を反転する方法を以下で確認できます。

MacOSで画面を反転する

マックOS

MacOSをお使いの方は画面の回転方法が異なります MacOSでは、MacOS X Yosemiteでのみ画面を回転できます。これを行うには、オプションコマンドオプションを押しながら、[表示]をクリックします。MacOSでは、画面反転機能は使用できなくなりました。

Yosemite以上のMacOSの場合、画面を反転させる方法はいくつかありますが、お勧めできません。どうして?MacOSで画面を回転すると、システムエラーが発生するためです。実行できる唯一の方法は、MacOSに接続された外部画面を使用することです。

外付けディスプレイを使用すると、MacOSで画面を回転させることができます。使用する外部画面も画面の回転をサポートしている必要があるだけです。そうでなければ、もちろん画面は回転しません。

Chrome OSで画面を反転する

Chromebookの更新ボタン

Chrome OS(Chromebook)をご利用の方。^ Ctr l +⇧Shift + Refreshの組み合わせを押すと画面が90°に回転し、簡単です。もう一度押すと、画面が反転します。Chromebookの更新ボタンは、回転する方向キーを目的としています)。

彼はctrl + shift +リフレッシュ(最上列の回転矢印)を2回キーで押します。画面が0度にリセットされます。

この画面を反転する方法のヒントは?試してみたいですか?それとも他の方法がありますか?はい、コメント欄で私たちや他の読者と共有してください。お役に立てば幸いです。