ラップトップ画面が自動的にオフにならないようにする方法は次のとおりです

ラップトップは通常、最適なパフォーマンスを得るために適切な電源設定を備えています。たとえば、一定期間使用しない場合、ノートパソコンの画面は、エンジンをオフにすることなく自動的にオフになり、電力の使用を最小限に抑えます。オンに戻すには、マウスをスライドさせるか、キーボードのいずれかのキーを押します。

長時間オンにしておくと、ラップトップはスリープモードになります。このモードでは、ラップトップはタスクをRAMに保持したまま一時的に非アクティブになります。電源ボタンまたはキーボードのボタンの1つを押してアカウントを再入力することで、デバイスを再起動できます(休止モードになっていない場合)。

では、ノートパソコンの画面を継続的にオンにできるかどうか。もちろんできます。必要に応じて、ラップトップの電源設定を変更できます。たとえば、非常に大きく、長いダウンロード時間を必要とするファイルをダウンロードする場合、ダウンロードプロセスを続行するには、ラップトップをオンにする必要があります。

死ぬことのないようにノートパソコンの画面を作ることは、システムを介して手動で、またはサードパーティのアプリケーションの助けを借りて行うことができます。ここでは、ラップトップ画面が「オン」のままエイリアスが消えないようにするための2つの簡単な方法を示します。

1.コントロールパネルから

ノートパソコンの画面を維持する最初の方法は、新しい電源設定を調整することです。これは、ラップトップのコントロールパネルから実行できます(Windowsのみ)。手順は次のとおりです。

  • 行く[コントロールパネル]> [ハードウェアとサウンド]> [電源オプション、次に選択し、「コンピュータがスリープ時に変更」メニューを。
  • 「ディスプレイの電源を切る」と「コンピュータをスリープ状態にする」設定で、時間を「しない」に変更します。
  • 次に[ 変更を保存]をクリックして設定を保存します。
  • これで、ノートパソコンの画面は使用されていないときでもオンのままです。

詳細については、「ディスプレイをオフにする」を設定すると、画面がオフになるまでの時間を設定できます。「コンピュータをスリープ状態にする」設定とは、ラップトップをスリープモードにするのにかかる時間を設定することを意味します。

この両方の配置で[しない]を選択すると、ノートパソコンの画面が引き続き表示され、長期間使用しない場合でもシステムがスリープモードに切り替わりません。

継続的に点灯する画面を必要とするアクティビティが終了した場合は、元の電源設定を復元できます。これを行うには、「このプランのデフォルト設定を復元する」オプションをクリックするだけです。

2.サードパーティアプリケーションの使用

システムセットアップに加えて、サードパーティのアプリケーションを使用してラップトップ画面を存続させることもできます。そのようなアプリケーションの1つがカフェインです。

多分あなたはインドネシア語で「カフェイン」または「カフェイン」という言葉をすでに知っているでしょう。多くの食品に含まれる物質にはいくつかの利点があります。その1つは、目を覚まし続けることです。

まあ、カフェインはラップトップの画面を生き続けるのに役立つので、このアプリケーションのインスピレーションのようです。カフェインアプリケーションはどのように機能しますか?

カフェインは、59秒ごとにF15キーを押すことをシミュレートして動作します(アプリケーションの起動後にデフォルトで設定されます)。したがって、システムはまだコンピューターを使用していると見なします。したがって、システムは画面をロックしたり、スクリーンセーバーをアクティブにしたりしません。

F15キーである必要があるのはなぜですか?利用可能なすべてのボタンの中で、F15はおそらく最も煩わしくなく、作業に干渉する可能性が最も低いです。ただし、カフェインは、Power Point、スライド内のビデオの一時停止、Googleドキュメント/スプレッドシートアプリケーションなど、一部のアプリケーションに干渉する可能性があります。

F15キーのシミュレーションが作業を妨げる可能性がある場合は、「-useshift-」コマンドを設定して、アプリケーションがF15キーの代わりにシフトキーをシミュレートできるようにします。

コーヒーポットの形をしたカフェインアイコンがツールバーに表示され、簡単に設定できます。アイコンをダブルクリックすると、コピーが空になります。つまり、プログラムが一時的に無効になります。もう一度ダブルクリックすると、やかんが補充されます。つまり、ラップトップマシンを起動したままにします。

このアプリケーションをリセットするために使用できるいくつかのコマンドラインがあります。

  • xx-シミュレートされたボタンに設定された秒数。これはコマンドラインの最初のテキストでなければなりません。
  • -startoff-アプリケーションは非アクティブ化され始めます。
  • -exitafter:xx-アプリケーションはxx分後に終了します
  • -activefor:xx-アプリケーションはxx分後に非アクティブになります
  • -inactivefor:xx-アプリケーションはxx分後にアクティブになります
  • -appexit-実行中のアプリケーションインスタンスを停止します
  • -appon-現在のアプリケーションインスタンスをアクティブにします
  • -appoff-現在実行中のアプリケーションインスタンスを非アクティブにします
  • -apptoggle-現在実行中のアプリケーションインスタンスの動作ステータスを変更します
  • -apptoggleshowdlg-現在のステータスを変更してダイアログを表示
  • -replace-現在実行中のインスタンスを閉じて置き換えます
  • -noicon-タスクトレイアイコンを表示しません
  • -useshift-F15の代わりにシフトキーをシミュレートします
  • -showdlg-カフェインがアクティブかどうかを示すダイアログを表示します
  • -ontaskbar-タスクバーボタンを表示します(-showdlgで使用)
  • -allowss-スリープを防ぎますが、スクリーンセーバーの実行を許可します
  • -key:xx-xx仮想ロックコードを使用してシミュレートします(リンクされたページのコードは16進数で記述され、変換はこのパラメーターで使用される10進数になります)
  • -keypress-キーアップイベントではなく、フルキープレスをシミュレートします
  • -oldicons-よりカラフルなトレイアイコンを使用する

興味があり、カフェインアプリケーションを使用してみたい場合は、ここからダウンロードできます。ラップトップにダウンロードしてインストールする準備が整う前に、まずアプリケーション紹介ページの詳細情報を読んでください。

まあ、これらは2つの方法があるので、ノートパソコンの画面が消えないようにすることができます。ノートパソコンの画面を継続的にオンにすると、かなりの電力を消費する可能性があることに注意してください。さらに、画面を頻繁にオンにしなければならない場合でも、画面に問題が発生することはあり得ます。

上記の画面設定は、作業をサポートするために必要な場合にのみ使用することをお勧めします。ノートパソコンの電源をできるだけ安定させるために、電源設定を元のモードに戻すことを忘れないでください。