ラップトップ画面でキーボードを簡単に作成する5つの方法

仮想キーボードは、スマートフォンやタブレットなど、今日のタッチスクリーンデバイスの非常に重要な部分です。ラップトップとタブレットの機能を組み合わせたハイブリッドラップトップも、ある日タブレットモードで使用する場合、仮想キーボードが必要です。

仮想キーボード自体は、ユーザーが物理的なキーボードを使用せずに文字を入力できるようにするソフトウェアコンポーネントです。この非物理キーボードは通常、デバイスで使用されるデフォルトのオペレーティングシステムです。それでも、ユーザーはサードパーティの仮想キーボードをデバイスにインストールできます。

スクリーンキーボード

非タッチスクリーンコンピューターまたはラップトップユーザーはどうですか?仮想キーボードを使用できますか?もちろん、それはデフォルトのOS(すべてまたはおそらく一部)なので可能です。

オペレーティングシステムまたはWindows OSを使用しているラップトップユーザーは、オンスクリーンキーボード(インドネシア語:オンスクリーンキーボード)と呼ばれるOS仮想キーボードに精通している必要があります。通常のコンピューターの仮想画面機能は、物理キーボードが損傷した場合の代替機能となるため、非常に重要です。

スクリーンキーボードの利点

一般に、スクリーンキーボードまたは仮想キーボードは、ハイブリッドラップトップやタブレットなどのタッチスクリーンデバイスのユーザーにとって非常に便利です。この非物理キーボードは、非タッチスクリーンのラップトップやPCでも必要ですか?もちろん、ある日ラップトップの物理キーボードに問題が発生した場合は必要です。

たとえば、ラップトップの物理キーボードで、使用できないキーの一部などの問題が発生しているときに、パスワードを入力してコンピュータを入力する必要があります。コンピュータにアクセスできるようにするために、スクリーンキーボードを使用してパスワードを入力できます。

ログインページでスクリーンキーボードをアクティブにするにはどうすればよいですか?あなたがしなければならないのは、デフォルトであなたのコンピュータのログインページに現れるEase of Accessアイコンをクリックすることだけです。いくつかのヘルプオプションがあり、そのうちの1つはスクリーンキーボードです。1回クリックするだけで、ホームページの仮想キーボードが開きます。

タッチスクリーン以外のコンピューターでスクリーンキーボードの各キーを押すことができるようにするためだけに、マウスを使用して操作する必要があります。

Windows 10でスクリーンキーボードを表示する方法

ここでは、Windows 10ラップトップ画面でキーボードを簡単に表示する方法をいくつか紹介します。

1.設定から

まず、コンピューターの設定メニューまたは設定から​​スクリーンキーボードをアクティブにできます。1つまたは2つのステップで、仮想キーボードを使用できます。

  • ポインタを画面の左下にスクロールし、Windowsアイコンをクリックして[ スタート]メニューを開きます
  • ポインタを上部にドラッグし、[ 設定]> [簡単操作]> [キーボード]を選択します
  • 次に、右側の[ スクリーンキーボード ]オプションをアクティブにします。
  • 完了しました。スクリーンキーボードを使用する準備が整いました。

2.コントロールパネルから

2番目の方法は、実際には最初の方法と同じですが、方法が異なります。ここで、スクリーンキーボードは、コントロールパネルの[コンピューターの簡単操作センター]メニューからアクティブにします。これをアクティブにする最速の方法は次のとおりです。

  • Windows + Uキーを同時に押して、コンピューターの簡単操作センターメニューを開きます。
  • 利用可能なクイックアクセスツールボックスで[ スクリーンキーボードの開始 ]オプションをクリックします。
  • スクリーンキーボードが画面に表示されるまでしばらく待ちます。
  • これで、仮想画面を使用する準備が整いました。

3.検索パネルから

Windows 10の左側のタスクバーには、特別な検索パネルがあります。この検索メニューからスクリーンキーボードをアクティブにする方法は次のとおりです。

  • 検索アイコンをクリックします
  • 「オン」、「スクリーン」、「キーボード」、または「オンスクリーンキーボード」と書きます。Enterキーを押す必要がない場合、システムは関連する検索結果を自動的に表示します。
  • 結果が表示されたら、すぐにスクリーンキーボードをアクティブ化できます。

最初にCortana機能をアクティブにする必要があるという条件で、音声コマンドを使用してスクリーンキーボードをアクティブにすることができます。

4. Windows Runから

Windows 10のスクリーンキーボードをWindows Runからアクティブ化することは、最も高速な方法の1つです。手順は次のとおりです。

  • キーボードでWindows + Rを押します
  • [ ファイル名を指定して実行]ボックスが表示された場合は、検索都市に「osk」と入力し、[OK]を押します。
  • しばらくすると、スクリーンキーボードがすぐに表示されます。

5.コマンドプロンプトから

スクリーンキーボード機能をアクティブにするために使用できるもう1つの方法は、コマンドプロンプトを使用することです。簡単な手順は次のとおりです。

  • キーボードのWindowsキー+ Xを押します。
  • 表示されるクイックアクセスメニューで、[コマンドプロンプト]をクリックします。
  • [コマンドプロンプト]タブが開いたら、コマンド「osk」を入力してEnterキーを押します。
  • しばらくすると、スクリーンキーボードが直前に表示されます。

Windows用の仮想キーボードアプリケーション

デフォルトの仮想キーボードを使用するだけでなく、サードパーティの仮想キーボードアプリケーションをWindowsコンピューターにインストールすることもできます。このアプリケーションは無料で、一部は有料です。有料の仮想キーボードアプリケーションは、確かに無料のものよりも多くの機能を提供します。

Windows用の無料の仮想キーボードアプリケーションの1つは、無料の仮想キーボードです。このアプリケーションは無料であるだけでなく、軽量で多言語対応であり、指に優しいアプリケーションです。

Free Virtual Keyboardアプリケーションは、タッチスクリーンを備えたWindowsベースのコンピューターにインストールして実行できます。マウス、タッチスクリーン、ペン、またはその他のポインティングデバイスを使用して入力できます。この実用的なキーボードには、指先でタイプできるほどの大きさのキーがあり、使いやすくなっています。

この無料の仮想キーボードアプリケーションには4つの異なる仮想キーボードが付属しており、システムにインストールされているすべての言語とキーボードレイアウトをサポートしています。無料の仮想キーボードにあるいくつかの機能は次のとおりです。

1.コンピューター画面のキーボードのサイズ、色、透明度を変更する

キーボードのサイズ、色、透明度を簡単に変更できます。全画面モードまたは全画面モードでは、要求に応じて仮想キーボードがその形状を画面の幅に合わせて自動的に調整します。したがって、このキーボードアプリケーションは、横長モードと縦長モードで使用できます。

2.オートリピート機能あり

このオートリピート機能を使用すると、任意のキーを押して同じ文字を自動的に連続して繰り返すことができます。連続して押すと、関連するすべてのキーボードのキーが自動的に繰り返されます。

3.フラッシュを介して実行できます

無料の仮想キーボードは完全にポータブルなアプリケーションです。つまり、フラッシュドライブに保存して、そこから直接実行できます。これらのアプリケーション設定は、プログラムのインストールフォルダーにあるFreeVK.iniファイルに保存されます。これが不可能な場合、設定はレジストリに保存されます。

この無料の仮想キーボードに興味がある場合は、アプリケーションサイトから直接(ここをクリック)またはMicrosoftアプリケーションストア(ここをクリック)から直接ダウンロードできます。

まあ、それはWindows 10のラップトップ画面でキーボードを表示する簡単な方法です。デフォルトの仮想キーボードと無料の仮想キーボードアプリケーションを使用することに加えて、Microsoftアプリケーションストアにある他の同様のソフトウェアを使用することもできます。