これがヘッドフォン、ヘッドセット、イヤフォンの違いです

問題のオブジェクトに名前が付けられていなくても、「ヘッドセットはどこにあるの?」、「イヤホンを購入したい」、または「新しいヘッドホンをコバーンだ!」とよく言われます。素人はこれらの3つを同じと考えています。

実際、ヘッドセット、ヘッドホン、イヤホンは互いに異なりますが、どちらも何かを聞くために使用されます。形についてもかなり似ていますが、3つのオブジェクトには大きな違いがあります。

今、タイガーはヘッドセット、ヘッドホン、イヤホンの定義について話し合っているので、違いがわかります。このガイドは、ニーズに最適なアイテムを決定するのに役立つことも期待されています。これらの3つのオブジェクトが正確に何であり、なぜそれらが異なるのかを見てみましょう!

1.ヘッドフォン

ヘッドフォンは、他のすべてのサウンドリスナーオブジェクトの前身であり、ろくでなし、長老、祖先です。ヘッドフォンは、ハンドルが耳の真上、頭を通過する2つの耳に取り付けられた2つのシンプルなスピーカーの形をしています。このツールは、鮮やかな音響の声が直接耳に届く深いリスニング体験を提供します。

ヘッドフォンは室内の空気を振動させて音を生成するため、ヘッドフォンで音を聞く体験は、従来のスピーカーと比べてよりユニークに感じられます。

より排他的に音を聞きたい場合は、ヘッドフォンを使用してください。これは、ノイズを防ぐためのより良い「クッション」を提供しますが、バディになるまでは、音を完全に外部から遮断するわけではありません。

2.ヘッドセット

ヘッドセットは、基本的にはマイクを備えたヘッドフォンのセットですが、マイクを使用しないものもあります。ヘッドセットマイクは通常、ブームマイク(マイクブーム)の形をしており、マイクはブームに取り付けられ、必要に応じて移動または配置できます。ブームマイクは、オーディオまたはビデオをプロ品質で録音するときに音を録音するように機能します。

ただし、インラインマイクを使用するヘッドセットもあります。つまり、このデバイスには、マイクがヘッドフォンケーブルに「組み込まれている」ということです。このタイプのマイクは、ヘッドセットをコンピューターまたは他のデバイスに接続するケーブルに接続されます。

このマイクを使用すると、装着しているヘッドフォンを外すことなく、電話に応答したり、音声コマンドを使用したりできます。マイクが口の前でスイングするヘッドセットは、インラインマイクとは見なされません

ヘッドセットに戻ります。このツールは、さまざまな用途に最適です。ヘッドセットは、Skypeなどのインターネットを介した音声通信や、通常の電話の主な選択肢です。

ヘッドセットは、音声通信でオンラインゲームをプレイするのにも最適です。ヘッドフォンをだれでも使用できる場合は、カスタマーサービスやゲーマーとして活動する人、またはインターネット経由で積極的にコミュニケーションをとる人には、ヘッドセットがより適しています。

3.イヤホン

次に、人々が最も広く使用しているイヤホンについて説明します。新しい携帯電話を購入するたびに、イヤホンが付属している必要があります。イヤホンはヘッドホンの後継機種です。つまり、イヤホンはインイヤースピーカーです。彼の声はヘッドフォンのようにはっきりしていましたが、時々迷惑だった大きなパッドを「キック」しました。ヘルメットを着用したい場合、ヘッドホンは使用できません。

ただし、イヤホンは音源への直接接続を提供し、エアギャップが少ないため、聞こえる音はよりクリアになります。非常に小さいサイズのため、旅行、スポーツ、その他の理由からイヤホンが好まれます。大まかに言って、イヤホンには、インイヤー型とイヤホン型の2種類があります(現時点で最新のテクノロジー)。

  • 耳の中

可搬性、汎用性、快適性について話すとき、最も人気のあるタイプのイヤホンはインイヤー型イヤホンです。よりクリアな音質とより小さなデバイスサイズを提供できるため、インイヤー型イヤホンは、かさばるオンイヤー型およびオーバーイヤー型のヘッドフォンと競合することができます。

耳の外縁にあるイヤフォン(後で説明します)とは異なり、インイヤー型イヤホンは外耳道の奥深くまで入ります。彼の名前も耳の中に入っています。

問題は、インイヤーを使用して音を長時間聞くと、耳に害を及ぼす可能性があることです。インイヤーイヤホンは外耳道の真ん中にあります。実際、彼の声を小音量・短時間で聴けば問題ありません。

ただし、特に長時間にわたって大音量で聴く場合は、良くありません。耳が聴覚を損なう可能性があります。したがって、鼓膜に近すぎるため、「休憩」時間を設定する必要があります。これは、インイヤー型イヤホンを使用しないときのラグタイムなので、耳が痛くないですよね。

  • イヤフォン

イヤフォンは、イヤフォンのより簡潔なバージョンです。バッグに収納したときにしばしば絡まる長いケーブルはありません。そう?より実用的で高速に使用できます。欠点は?汚れたり忘れたりすると、イヤフォンを失う可能性があります。

次に、グリップがまったくなく、それを関連付けるオブジェクト(ケーブル)もないため、イヤフォンは飛ぶことができるため、スポーツやアクティブな移動には適していません。ご覧のとおり、イヤフォンは耳やインイヤーイヤフォンをしっかりとつかみません。そのため、ケーブルをつなぐケーブルがないため、イヤフォンが外れてすぐに外れることがよくあります。

通常、イヤフォンにはパッドがありませんが、パッドが付いているものもあります。たぶん、イヤフォンが詰まっている場所が落ちないのは少し混乱しています。したがって、イヤフォンはイヤホンのように外耳道に刺さっていません。

イヤホンは滞在(外耳の途中で)甲介の尾根で。イヤホンに複数のサイズがある場合(少なくともいくつかは小さく、いくつかは大きい)、イヤフォンは残念ながらまだ1つのサイズでのみ存在します。そのため、一部の人にとっては快適ではないかもしれません。

尾根(尾根)の耳の形状によっては、イヤホンが収まらない場合があり、転倒する場合があります。これは、特に運動中に着用する場合、非常に迷惑です。

このため、耳の後ろに「翼」を押し込んで所定の位置に保つイヤフォンがいくつかあります。その背後にあるイヤフォンは、このツールが音をより適切に分離するため、より大げさな音を聞く感覚を提供します。

それがヘッドホン、ヘッドセット、イヤホンの違いです。もちろん最も明白なのは、形状の違いです。ヘッドフォンとヘッドセットは、イヤホンと頭に「ブリッジ」が付いた大きなボディを持っていますが、マイクの存在との違いもあります。

2つのオブジェクト間でイヤホンの形状が明らかに最も異なる場合。しかし、イヤホンにはケーブル付きとケーブルなしの2種類もあるようです。最後に、それは再びあなたが好みまたは必要とする個人的な好みに依存します。ヘッドフォン、ヘッドセット、イヤホンのどちらを使用しますか?